スピロノラクトンは女性用育毛薬です。男性にはオススメできません。

男性で薄毛を改善したいと思われる方の中に、
スピロノラクトンを使用してみたいと考える方がいらっしゃるようです。
スピロノラクトンは女性ホルモン作用がありますから、
男性においても増毛が期待できますが、
女性化してしまう恐れがありますので、
男性は絶対に使用しないようにしてください。

男性が使用するべき育毛薬は

デュタステリド(ザガーロ)

ミノキシジル(リアップX5プラス、ミノキ5)

です。

デュタステリド(ザガーロ)については
こちらのサイトで日本一くわしく正しい情報がまとめてあります。

では、スピロノラクトンが女性向けである根拠をお示ししましょう。

スピロノラクトンの育毛目的での使用は女性ばかり

今現在、薄毛の治療方法の最前線はJAK阻害薬です。
JAK阻害薬は円形脱毛症の人に対する治療方法として研究開発が進められています。

なぜなら、男性型脱毛症(AGA)の治療薬はデュタステリドが
現時点で最善かつ最終的な薬だからです。

だって、デュタステリドを飲めば血中のジヒドロテストステロンが
90.9%
抑えられるんですよ。
*ジヒドロテストステロン:薄毛の原因物質

これ以上抑えてしまったら逆に良くないことが起きちゃいますって。きっと。

では、今回の主役、スピロノラクトンがどのくらい研究されているのか?
調べてみました。
情報元:スピロノラクトン+薄毛で検索した研究報告

スピロノラクトン研究報告1
スピロノラクトン研究報告2

どうですか?
女性の薄毛についてばかりなんです。
それもそのはず、
男性に使ったら危険だから研究がされていないんですよ。

逆に言えば、ここまで女性が読んでくださってるとは思えませんが、
女性に対しては効果があるし、有望なお薬であるということです。

本当に男性に対する研究はないのかな?
と思って一生懸命探しました。

ありました。

Hair regrowth in a male patient with extensive androgenetic alopecia on estrogen therapy.

ほら!
maleって書いてあります!
男性って意味ですよ!

男性患者への毛の再生に使用したという報告なんですが、、、

こちらの研究、、、
女性に性転換した男性への薄毛治療でした。

すみません。。。

スピロノラクトンを男性は使用しないようにしてくださいね!

いろいろな育毛剤があるけれど

蛇足ですが、フィナステリドの外用育毛剤(塗る育毛剤)は、
効果が期待できませんから、絶対に使用しないでください。

フィナステリドの育毛剤を初めて作成したメルクは、
超大企業であり、超優秀な経営者、研究者、社員が勤めている企業です。

そのメルクをもってしても、
プロペシア(フィナステリドの商品名)は飲み薬なんです。未だに。

プロペシアは飲み薬として使用する場合、
EDなどの性的な副作用が起こる可能性があることは有名ですよね。

当然、メルクだって、そのことは分かっていますし、
その副作用が問題となって大規模な訴訟がアメリカで起こっているわけですから、
副作用が限りなく少なくなるであろう塗るタイプのプロペシアを
開発しようとしているに違いありません。

でも、まだ、販売されていませんよね?
メルクから。

つまり、
超優秀な研究者たちが開発しようとして、
まだ実用にいたっていないのが、
フィナステリドの塗り薬なんです。

その辺の良くわからない企業が作った、
フィナステリド入りの育毛剤は、
フィナステリドの効果は得られません。

実際に、効果がなかったという研究報告もありますよ。
逆に、開発中の報告は結構出ています。

ということで、
フィナステリド入りの塗り育毛剤は使用しないことをオススメします。

男性がスピロノラクトンを使用していいの?ということのまとめ

男性はスピロノラクトンを使用しないでください。
また、
塗る育毛剤のフィナステリドも今販売されている商品では効果はありません。

ぜひ、ザガーロを使用してください。

ザガーロは高いからどうしても無理?
個人的にはオススメできませんが、
個人輸入で安いデュタステリドが購入できます。

スピロノラクトンを使用するよりはいいと思います。
私のところにも沢山のご相談が来るのですが、
今のところは、
「効いていたのに突然効かなくなった。」
という相談くらいしかありませんから、
健康被害が出るほどの危険性はないのかもしれません。

一押しは育毛専門クリニックでザガーロを安く処方してもらう方法です。
育毛専門クリニックでザガーロを購入するという賢い選択
↑私の運営しているもう一つのサイトの記事が開きます

個人輸入で有名なのはオオサカ堂ですね。

デュタステリド(デュタボルブ)0.5mg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする